SCROLL DOWN

Our Works Our Works

Our Works

私たちの実績

いえーるコンシェル不動産投資版|iYellさま


効果検証・改善を繰り返しおこなうことで、CVRをはじめとする各種KPIを大幅に改善。

「いえーるコンシェル不動産投資版」は、首都圏にある100社以上の不動産投資専門会社を“第三者目線”で一社一社公正に評価、厳選し、不動産投資の経験が少ないお客様に対して安心できる不動産投資会社をご紹介するサービス。
不動産会社の口コミサイト『いえーる コンシェル』を始め、“最高の住宅ローン”を提案するサイト『いえーる 住宅ローンの窓口 ONLINE』や住まいに関する総合情報サイト『いえーる すみかる住生活版』を運営しているiYell株式会社だからこそ、第三者の立場で不動産事業者を正当に評価することが可能です。

01:課題

Webからの問合せ・資料請求を獲得し、最終的な成約(不動産購入)を促すために、サービス開始当初から、LP制作およびWeb広告運用(リスティング広告、アフィリエイト広告、アドネットワーク・DSPなど)を中心にご支援させていただいておりますが、不動産投資市場はすでに多くの競合他社が大規模な投資をおこなう競争の激化した市場であるため、以下のような課題が常にありました。

・広告費の高騰
・CVR(問合せ率)の低迷
・成約率(問合せから成約に至る転換率)の低迷

02:実施施策・効果

効果検証と改善施策を繰り返しおこなうことで、CVRをはじめとする各種KPIを改善しました。

PROCESS 01

LP制作・集客

最初に制作したLPにリスティング広告やアフィリエイト広告で集客をしましたが、想定していたCVRを下回ってしまいました。

PROCESS 02

ユーザーテスト実施

LPの課題を抽出するためにユーザーテストを実施しました。
その結果、サービス自体に対しては好意的な半面、以下のような課題が浮き彫りになりました。
・iYell株式会社がどういう会社なのかが伝わっていない
・信頼できる不動産会社を紹介できる理由がうまく伝わっていない
・紹介される不動産会社がどういう会社なのかが全くわからないから不安
など

PROCESS 03

LP改善&効果検証

ユーザーテストで発見した課題をもとにLPを部分的に改修。
その結果、CVRが約2倍に改善されました。

しかし、iYellのLPに酷似したサイトや比較サイトなど、新たな競合サイトが台頭してきたことで徐々にCVRが低下。また、資料請求後の転換率が非常に低いことも判明しました。

PROCESS 04

競合分析、ヒートマップ分析、再度ユーザーテストを実施

さらに課題を抽出するために、以下3つの分析をおこないました。

●競合調査
・広告出稿を強化している競合他社と比較して、ユーザーに提供している特典内容の面で大きく遅れを取っていることが判明
●ヒートマップ分析を実施
・スクロール到達率が低いことが判明
※ちゃんと読んでもらえていない⇒サービスについて理解してもらえていない
●再びユーザーテスト実施
・サービスに対してはやはり非常に評価が高い
・紹介している社数が少ないことへの不信感が唯一の課題

PROCESS 05

マンガを活用した2パターンのLPを展開

スクロール到達率改善のため、マンガを活用。
また、特典を追加し、ユーザーにわかりやすいメリットを提示しました。
さらに、転換率改善のため、ゴールをセミナー参加にしたLPを加え、資料請求とセミナーの2パターンで展開しました。

マンガを使ったLPは特にSNS広告との相性が良く、全体的にCVRが大きく改善。CPAを下げることにも成功しました。

具体的な改善施策例

  • LP制作、各種分析をもとにした継続的な改修
  • 競合調査、ユーザーテスト、ヒートマップ分析などの実施
  • リスティング、アフィリエイト、SNSなどの各種広告運用の最適化
  • 事業収支シミュレーションの作成、および、数値管理

など