調査・分析 Research and Analysis

うまくいく時も、そうでない時も、そこには必ず理由があります

商品がよく売れている時も、逆に売れない時も、そこには必ず「理由」が複数存在します。
そのため、まずは、自社、消費者、競合他社、そしてそれらをとりまく環境について、
できる限りの情報収集と分析をおこない、現状に至った理由を正しく理解することから始めます。

ただし、闇雲にデータを集めるだけでは、調査がムダになってしまうかもしれません。
「目的」を見据えた調査&現状分析をおこなうことで、解決すべき課題を導き出し次のアクションにつなげることが大切です。

良いマーケティング戦略を立てられるかどうかは、現状分析の精度にかかっています。

サービスメニュー詳細

アクセス解析

アクセス解析

サイトに訪れるユーザーの属性や行動を分析するための基本となる施策です。サイトの課題や改善のヒントを見つけたり、改善後の効果を確認することができます。GoogleAnalytics(代表的な無料アクセス解析ツール)をはじめ、お客さまの状況に応じてさまざまなツールを用いて分析をおこないます。

アクセス解析

広告効果検証

広告効果検証

広告を利用しているお客さまから、過去の運用データを共有していただき、もっと改善できる点はないか、調査・分析をおこないます。改善点が発見できたら、どれだけ成果を伸ばすことができるか、シミュレーションをお出しします。すばやく成果に直結させることができる、必要不可欠な分析です。

広告効果検証

ユーザーテスト

ユーザーテスト

実際のユーザー(ターゲット属性に合致する方)にサイトを利用してもらい、その行動や発言を観察することで、サイトの課題を発見するための調査です。アクセス解析の場合、ユーザーの行動を数値で確認する(そして推測する)ところまでですが、ユーザーテストは、行動に至った心理など、より具体的な原因を把握することができます。

ユーザーテスト

ネットリサーチ

ネットリサーチ

インターネット上でモニターにアンケートを実施する、市場調査のひとつ。モニターは、希望する条件で絞り込むことが可能です。消費者ニーズの傾向を知ることで、商品開発や販売戦略の方向性を見極めたり、現在のサービスに対する満足度を調査するなど、活用方法は多岐にわたります。

ネットリサーチ

ヒューリスティック分析

ヒューリスティック分析

専門家の知見に基づいて、サイトのユーザビリティ(使いやすさ)を調査する手法です。本質的な問題から細部に至るまで、専門家の視点で柔軟に評価することで幅広く課題を発見することができます。ただし、あくまで分析者の主観であるため、時に正確性を欠くこともあります。アクセス解析で仮説を検証するなど、他の調査と組み合わせて実施するとよいでしょう。

ヒューリスティック分析

ほか

こんな課題をお持ちの方へ

ほか